読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ショップが「4つ星」の納得価格!システム

格安
カップ付きパター練習機を使用していましたが!レビューでの評判も良く実際の距離感を養うために購入しました。物をどかさなければ4mは敷ききれませんが、普段は余った部分を巻いたまま使っています。使用した感じですが!やはり長ければ長いほど!幅も広ければ広いほど有効な練習ができると思います。

いまオススメの商品!

2017年03月11日 ランキング上位商品↑

システム ショップパット練習システムSB-45cm×4m パターマット工房PROゴルフショップ【日本製】

詳しくはこちら b y 楽 天

普通の人工芝と違い、本物の芝に近い感触。距離感が、ばっちり掴めます。45センチ×4mを購入しました。室内の制約から4.5mが限界でしたがこれで十分でした。ショートパットに全く自信がなくなり、芝をも掴む思いで購入しました。自宅で練習するのに最適です。ただ、順目と逆目の区別がつきにくいので、裏面にでも芝目の方向が書いておれば尚良かったと思います。またマットに線が入っていないので方向性の練習にもなります。ストロークを安定させる練習のために長めのパターマットを探していました。なので星4つです。これまでパターの練習を疎かにしてきた結果、コースでは3パッド連発で悔しい思いをしてきました。でも、距離感、方向性、そして何よりストロークの安定性目指すにはとてもよい商品だと思います。おすすめします。大きさに迷いました。自宅で練習するに!ぴったりです。一般的なパターマットよりずっと練習になるのが分かります。3mと4mで悩みましたが、他の方のレビューにもあるように1mの差は大きいと感じます。芝目を左に向けてもなかなか直りません。使い始めは!恥ずかしながら順目・逆目の違いが感じられませんでした。そして!やがて実践で試したくなる衝動に駆られます。マンションで使用するので、ボールの転がる音が心配でしたが、このマットは防音効果に優れていて音の心配は杞憂でした。恐らく基本が崩れたからうまく入らないのだろう、と感じる事ができ何度も何度も練習したくなります。が、対抗品も特になく、総合的に満足です。ボールの転がり方も!本物の芝に近く初心者でも使いやすいマットだと思います。何度か練習するうちに違いが分かるようになりましたが!可能であれば目印などが付いていると解りやすいのかな?と思います。本当のグリーンにそっくりで練習すればうまくなると確信しています。想像以上でした。この商品は本当の芝のような感じとの評判で!しかも防音仕様のためマンション暮らしの当方には希望通りの商品でした。これでスコアアップに繋げたいです^ ^。マットの安定感が素晴らしいです!気持ちよく転がります。本番でも自信となって成果が現れてきています。あ、反復練習になるじゃん、これって。欲を言えば、横幅を45cmではなく90cmにすれば良かったかなと思いました。コースに行くのが楽しみ!実践さながらの感覚で練習出来ると思います。ただ順目だとスライスします。パターマットは初めて購入しましたがなかなか良いです。自分ではテープでマーキングして使用しています。傾斜のあるカップ付き練習機では解らない距離感が養えそうです。パット練習器なる物を使うのも初めてですが!これでパターの練習ができるので!今よりは同行者の迷惑にならないようにしたいです。巻いて置いておいても癖がつきにくく満足しています。他の練習マットは素人でも簡単にカップインできる事が多いと思いますが、このマットではそうは問屋が卸しません。ゴルフは初心者に毛が生えた程度でパターはコースでぶっつけ本番。芝の感じは良いですが、値段はやはり高いと思います。早く購入効果!練習成果を実戦で体感したいです。1.5mぐらいのよくあるパターマットだと30cmオーバーさせて打つ距離感を養うような練習がなかなかできないのですが、これだけ長さがあると感覚を身に着けるのに役立ちます。次のラウンドが楽しみです。練習もしたことがありませんでした。パターマットは、初めて購入しました。。マンションの2階に住んでますが音は気になりません。皆さんがレビューされていたとおり、素晴らしいです。思い切って買って良かったです。45cmでも十分練習出来ますが!個人的には90cmにしときゃ良かった!!とおもいました。まっすぐぱっとは個人的にはう〜んでした。3メートルものにするか4メートルのものにするか悩みましたが!距離感マスターカップの長さが45cmほどある為両端に距離感マスターカップを置いて練習することを考えると4メートルのもので正解でした。もっと練習してパット数減らしたいと思います。それはそれで良いのですが転がりが良いだけにちょっと惜しい。みなさんがレビューで絶賛しているように本物のグリーンに近いタッチなのかもしれませんが、そのことがよくわからないほど私は重症かもしれません。